中古車査定|下取りするとがっかりする理由

車の下取りは新車に買い替える場合に今まで乗っていた車をそのディーラーへ下取りに出すことで
新しい車の価格から下取り額を引いた金額で購入できます。

 

確かに、新車への乗り換えから車の売却まですべての事を行えるので
手続きが容易に済ませられるという良い点はあります。
このため、ほとんどの方が乗り換えの時に車の下取りをしてしまうんですね。

 

しかし、ここで知っておいてもらいたいのですが
車の下取りをするディーラーのメインの仕事は車を売ることなのです。

 

そういう理由で、次に示すような理由から下取り額は相場に比べ低くなってしまう可能性が高くなります。

 

例えば
・ディーラーは車を買ってもらえれば良いので下取り額が安くなりやすい
・そもそもディーラーは車の買取がメインではないので販売網が狭い
・下取り基準が相場価格と連動してないことが多い為人気車種だとしても高く下取りされない

 

また、車を購入する方はディーラーが決まっている事が多いので、
下取りの査定額をそこだけでしかしないため、その査定額が良いのか悪いのかわからないのです。

 

そのため、車の買取と比較すると下取り額が30万円以上も差が出ることもあり得ます。

 

 

 

一番大きな理由はいくつかの業者で査定をすることができる為です

 

車の査定額は大手企業だから高く、中小企業だから査定額が安いというわけではないのです。
その業者の在庫の量、得意な車種かによって査定額は大きく変わります。

 

例えば
A社:先月の売れ残りが多いため今月の査定表は低めに設定している
B社:今月は車を売るのが良さそうだからどんどん買取ろう
C社:軽自動車がよく売れるから買取額は高めに設定しておこう

 

こういったように車の査定額というのはそれぞれの会社の状況次第で大きく変わるのです。
少しでも高く売りたいと思うのであれば一社でも多く査定をしてもらうことが大切なのです。

 

ですが、大半の方が仕事の休みを使って多くの買取業者を回り
その都度買取額の交渉をする事になるので大変でめんどくさいですよね。

 

なので、今だからできる方法としてインターネットを活用すると便利です。
検索してみると、一括査定や無料出張査定なども多く便利なので
乗り換えをお考えでしたら、ぜひお試しください。

 

 

参考サイト